• 出水 享

【防災教室】避難行動計画の作成のワークショップを行いました。

更新日:2月5日


【災害時の命の守り方】


土木学者のデミー博士です。


みなさん、どんな場所に住んでいますか?川の側?それとも山の側?、それとも川もない山もない平地? 住んでいる場所によって想定される災害は異なります。


家族構成は? ペットが飼っていたり、赤ちゃんがいたり、車いすの方がいたりなど。家族構成によって避難する際の準備するものやタイミングが異なります。


上記から分かるように一人一人によって災害時の避難行動計画が異なりますよ。みなさんはそのことを自覚しないといけない。


災害時には、自治体、消防など助けにきてくれないと考えたほうがいい。彼らも被災している。


先日、中学生に避難行動計画(マイタイムライン)を作成するワークショップを行いました。宿題として保護者に子供が作成した避難行動計画をチェクして一緒に考えてもら運営工夫もしました。子供、保護者、先生から防災意識が高くなったと喜ばれました。


みあさんも自分のマイタイムラインを作成し、防災意識を高くもちましょう。


防災意識が高ければ高いほど災害時に生き残ります。


閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示