top of page
  • 執筆者の写真出水 享

【募集!】九州高校生SDGsサミットin長崎



 


この度、2024年7月27日(土)、28日(日)に第2回九州高校生SDGsサミット in 長崎を開催します。多くの高校生に参加してもえることを期待しています。既に福岡、熊本、長崎の高校生が30名ほどが参加を表明してくれています。環境問題に取り組む高校生同士か環境問題について考えるきっかけになってほしいです。

目的

私たちの美しい海が、2050年には魚よりもプラスチックごみで溢れると予想されています。この問題は、陸上からの流出により、川や水路を経由して海に至るプラスチックごみが大きな原因です。日本では、毎年2〜6万トンものプラスチックが海に流出しており、これは海洋環境、生物、そして私たち人間にも深刻な影響を及ぼしています。私たちにできることは、プラスチック製品の使用を減らし、リサイクルを促進し、ごみのポイ捨てを避け、適切な処理を心がけることです。しかし、多くの人々は海洋プラスチックごみ問題を「自分には関係ない」と考えがちです。このイベントでは、海洋プラスチックごみ問題に関心がない人々に問題を認知し、関心を持ってもらうための広報プランを考えて実行することを目的としています。高校生たちには、この問題に対する意識を新たにし、行動を起こすことで、仲間を増やし、社会全体でこの問題に立ち向かう力を育てることが求められています。

共催:team長崎シー・クリーン、次世代のためにがんばろ会

後援:農林水産省九州農政局、環境省九州地方環境事務所、国土交通省九州地方整備局、国土交通省九州地方整備局八代河川事務所、長崎県、長崎市、八代市

参加費:無料

対象:高校生、中学生が中心


【1日目:7月27日(土)】 

集合場所:長崎市市民会館6F第10研修室 (長崎市魚の町1-5)  

集合時間:12:45、会館:12:50受付

プログラム 13:00 - 17:00      司会:出水享      ワークショップ:樫本英人

①オープニングセッション

開会あいさつ、趣旨説明、アイスブレイク、福岡・佐賀・長崎の活動紹介

②話題提供 

・環境省九州地方環境事務所 神松 幸弘(こうまつ ゆきひろ)氏 

・農林水産省九州農政局  野村 正子氏 

・国土交通省九州地方整備局 古川 貴博氏

質疑応答

③情報共有 

④フィールドワーク

FG長崎2045 森恭平氏、長崎県環境アドバイザー 中原泰彦氏

⑤終了・解散・集合写真(出島で)


【2日目:7月28日(日)】

集合場所:長崎市市民会館 集合時間:8:45、会館:8:50受付

プログラム:9:00 - 12:30     司会:出水享     ワークショップ:樫本英人

① 話題提供

長崎都市・景観研究所 平山広孝氏、長崎ウーマンズ・ウォークラリー 竹中晴美氏

②プランのブレインストーミング

③プランの最終化

④クロージングセッション

⑤まとめと感想、閉会あいさつ、集合写真


問い合わせ・申込み先

team長崎シー・クリーン 出水 享(デミー博士)

070-6596-4691 MAIL seaclean1118@gmail.com

閲覧数:28回0件のコメント

Comments


bottom of page