長崎原爆遺跡『山王神社二の鳥居』3Dモデル


 山王神社の参道には、一の鳥居から四の鳥居までありましたが、1945年(昭和20年)8月9日の原爆投下により、爆風に対して並行に建っていた一の鳥居と二の鳥居を残し、あとはすべて倒壊してしまいました。 一の鳥居はほぼ原型のまま、二の鳥居は爆風で笠石がねじまげられ、爆心側の左半分が吹き飛ばされたものの奇跡的に右半分だけの一本柱の状態で残りました。しかし戦後の昭和37年、一の鳥居は交通事故により倒壊したため現在も当時のままの姿で立っているのは、二の鳥居だけとなりました。

二の鳥居は、平成28年10月3日、国の史跡『長崎原爆遺跡』の一つとして指定されました。長崎原爆遺跡はその他

・旧城山国民学校校舎

・浦上天主堂旧鐘楼

・旧長崎医科大学門柱

から構成されています。

参考 山王神社HP長崎原爆資料館HP

■山王神社二の鳥居3Dモデル

※モバイル端末によっては、ご覧いただけない場合があります。

長崎3Dプロジェクトとは?

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索