3Dフォト:九州最後の炭鉱島:池島公開!

池島の3Dフォト

西彼杵半島の西沖合約7kmに浮かぶ周囲約4kmの島。1990年代には鉱区約35500ha、坑道の総延長距離が約96kmに達し、炭鉱マンの移動時間の短縮のために人車の軌道が改良され、ドイツ製の高速人車も導入された。その後は炭鉱内での事故が相次いで発生、1998年の電力自由化によって安価な海外の石炭に押されるようになり2001年に閉山。九州最後の炭鉱の島でもあった。(ウィキペディア参照)

今回の撮影は『長崎3Dプロジェクト』 の一環で行っております。

■九州最後の炭鉱の島:池島3Dモデル

※モバイル端末によっては、ご覧いただけない場合があります。

奇景3Dプロジェクトとは?

長崎3Dプロジェクトとは?

軍艦島3Dプロジェクトとは?

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索