施工の神様に『軍艦島ブームの仕掛け人』として紹介されました。

軍艦島ブームの仕掛け人

建設ニュース「施工の神様」の大石恭正 記者に取材していただき軍艦島の守り人として紹介されました。10ページにわたる長編になっています。内容は私と軍艦島との出会い、軍艦島の記録を始めたきっかけ、長崎3Dプロジェクトについて、クレイジージャーニーの佐藤健寿さんとのコラボなど、盛りだくさんとなっています。一読ください。

目次 1.軍艦島の守り人、土木技術者・出水享 2.軍艦島に、泳いで渡ろうとした 3.コンクリート研究者にとって「宝の島」 4.軍艦島の状態を保存する、測量とドローン技術 5.軍艦島3Dデータ化は「自腹」だった 6.3Dデータを公開し、仲間由紀恵さんとも共演 7.軍艦島は世界ナンバーワンの廃墟 8.軍艦島で一番守るべきは「護岸」 9.劣化スピードのデータ把握が必要 10.全国の文化財を「デジタル真空パック化」

記事 https://sekokan-navi.jp/magazine/19416

軍艦島3Dプロジェクト

https://www.akira-demizu.com/gunkanjima

長崎3Dプロジェクト

https://www.akira-demizu.com/nagasaki3d

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索